人は可能性の中で生きていきたい生き物なのだと思う。


「◯◯ができたら、〜〜をしよう」と、未来への可能性の中に生きている間って、実は安心で安全なのだ。だってそうやって考えている間は、何にもチャレンジせず、何にも飛び込まず、ただただ未来に思いを馳せているだけでいいのだから。


だから未来のことを考えて生きるのはとても楽な生き方だ。


もしお金があったら、
もし時間ができたら、
子どもが大きくなったら、
あれがあったら、
これがあったら、◯◯しよう。


そう考えている時間は楽しい。けれどわたしは、それはすべて幻想であり嘘だと思う。その◯◯が達成されても、大抵の人はその「やりたかったこと」をやらない。また他の言い訳をもってきて、やらない。


本気でやりたいと思ったら、◯◯がない状態でも、やろうとする。「◯◯だったらやろう」と思うのは、ただやらない言い訳を見つけているだけで、やらないことに安心している状態で、未来の可能性の中に生きることで安心して生きている。




わたしは長いこと「やりたいことが見つかったら、本気でそれに向かって頑張れるのに」「やりたいことが見つかったら、楽しい人生が送れれるのに」と思っていた。だけどそれは大きな間違いだった。やりたいことが見つかったら、次はそれをどうやって達成するか、という壁にぶちあたってしまった。


「◯◯だったら幸せなのに」「◯◯だったらしたいことができるのに」という考えが間違っていたと、はっきり気づいた。





未来を生きる生き方は、楽だけれどある意味辛い。だって本当の意味で「今」を生きることができないのだから。 どんなに未来に可能性を見出しても、わたしたちは今を生きることしかできない。だとしたら、今できること、今やりたいことをやらないで生きていくことは、自分にうそをついて生きていくことになる。


「今を生きる」というのは、簡単なようでとても難しい。いつもわたしたちの思考は、勝手に過去に未来にとんでゆく。そして「今」を忘れてしまう。


未来の希望を思い描くのは悪いことじゃないけれど、「もし◯◯だったら」と考えてしまうのは、意識的にやめようと思う。もしなりたい姿、したいこと、行きたい場所があれば、「今」実行に移す。ふと思い立ったことを実行に移す。


そうやって行きていけば、未来を見ず、今を生きていける。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加



いよいよ明後日からニューヨーク!「いよいよ」とか言いつつ、何にも準備していません。いつものことながら、「準備・計画」というものが苦手で…。考え出すと、頭がこんがらがって「あ"ーーーーーーもーーーーー!」となります。



ニューヨークへ行こうと思ったのは、ECショップをやりいと思い立ち、その商品をニューヨークのブルックリンで仕入れたいと思ったから。で、やろうと思ったはいいものの、結局ほとんど準備をしないまま今にいたり、ただ遊びに行くみたいな感じになってます。



「ECがやりたい」っていうのは、今も変わらずあるんだけど、それよりも「楽しみたい」「観て聴いて感じたい」「それを伝えたい」っていう気持ちが大きくて。ニューヨーク、特にブルックリンはずっと行きたいと思っていた憧れの街だから、そのブルックリンを、全身で感じて、あらゆるツールを使って伝えたい。


誰が求めているから、とかじゃなくて、それがしたい、ってわたしが思ったから。







でもでもやっぱり雑貨も好きだから、扱えそうなショップのチェックはしようと思ってます。もしECやるとしたら、多分現地に住んでやると思う。買い付けて、日本で在庫抱えながらショップ運営するのって、考えててもわくわくしないから。








今までもそうだったんだけど、このアメリカの旅では「実験人生」を送っていこうと思います。わくわくすること、楽しいことだけやって生きていけるのか?行きたい場所に行って、会いたい人に会って、やりたいことをやって、やりたくないことは一切やめて。


お金や時間に縛られず、自分が思うように生きていくことはできるのか?やりたいことだけやった結果、どんなふうに人生が変わっていくのか?


そんな変化や、出来事を伝えていきたいと思います。あーわくわくするっ! 
このエントリーをはてなブックマークに追加



人って何かをお願いするとき、人が「いいよ」って言ってくれるのを期待するのと同時に、「どういう風にいいよって言ってくれるか」も期待している。


笑顔でいいよって言ってくれるかどうか。迷惑そうにしていないか。イヤイヤじゃないか。表情や声のトーンから探ったり。


それで、「いいよ」って言ってくれたのに、「なんかちょっと迷惑そう」とか、「本当はいやなのかも」とか勝手に想像して、申し訳なく思ったり、やっぱりお願いするの、やめようかななんて思ったり。



わたしは結構そうやって人の顔色読んじゃって申し訳なく思うタイプ。でも!なんかそれって違うよなーって最近思って。


人が「いいよ」って言ってくれたんだったら、嫌そうだとか、無理やりだとか、そんなの考える必要まったくないんだよね。だって「いいよ」って言ってくれてるんだもん。


本当は嫌で、無理やりいいよって言ってくれたのかもしれないけど、それでも「いいよ」って言ってくれたんだもん。それは事実なわけだし。それに、相手の反応は、相手が決めるもので。こっちが期待した通りの反応をしてくれないことをうだうだ考えてもどうしようもない。


だから、わたしができるのは、「いいよ」って言ってくれたことに感謝して、「ありがとー♡」って伝えることだけなんだよね。


と、ふと思った。



自分の期待通りの反応が返ってこなくてざわざわする必要も、相手の本心を考える必要もないってこと。うん。 
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ