わたしはここ数年、「ほんといい時代に生まれたなあ」と心から思う。ネットのおかげで世界中の情報が簡単に手に入り、LCCのおかげで海外へ行くことのハードルがどんどん下り、SNSのおかげで人と簡単につながれて、たくさんの人と出会うことができる。


たったの数千円でアジアの国々に行けちゃうとか、もうほんとに最高。「お金がない」「時間がない」から海外へ行けない、なんて言い訳ができない時代に20代を迎えられて、本当にラッキーだと思う。






堀江貴文さんの「君はどこにでも行ける」を読んだ。




この本は、日本の現状と、堀江さんが世界中を回って肌感覚で感じた世界の動きや変化、これから世界はどうなっていくのかについて書かれている。


タイトルの「君はどこにでも行ける」だけど、これは物理的な意味ではなくて、精神的な意味だと本を読んでわかった。精神的に「どこにでも行ける」って、どういうことだろう?





去年、タイ、マレーシア、オーストラリア、スペイン、イタリアと旅をしてみて思ったのだけど、世界は広くて、当たり前だけど様々な人がいる。「え?そんなのアリ!?」みたいな暮らし方をしている人たちがいっぱいいて、わたしの価値観をどんどんぶっ壊してくれた。


「そういうのもアリなんだ」「っていうかなんでもアリだな…」と思えて、文字通り世界が広がった。日本だけが居場所じゃないし、こんな風に暮らしている人が(しかも幸せそうに)いるなら、どこでだって暮らしていけそうだ、と思わせてくれるものが世界にはたくさんあった。


わたしはたぶん、そういう「自分の枠をとっぱらって自由な思考を手に入れたくて」世界を旅したんだと思う。








本の中で、スペインのバルセロナについて書かれている。スペインは財政危機で苦しんでいると言われているが、堀江さんが行ったときにはそんなことはあまり感じず、現地の人は楽しそうに過ごしていた、ということだった。


わたしも去年バルセロナへ行ったとき、同じことを感じた。地元の人たちが平日の昼間っからゆったりとビーチに寝転ぶ姿からは「財政危機」の焦りや不安は感じられなかった。みんな平和で幸せそうだった。




バルセロナで仲良くなった日本人の女の子、里沙ちゃんからおもしろい話を聞いた。それは、里沙ちゃんがよく行くバルに来る、お金のない老夫婦の話だ。彼らはお金がないにもかかわらず度々バルへ来て、他の客に食事をおごってもらうらしい。そして彼らは、とても幸せそうなのだそう。


その話を聞いて衝撃を受けた。日本だったらちょっと考えられないような話だ。まず「お金がないのにバルへ来ておごってもらうなんてけしからん!」と怒る人がたくさんいるだろう。でもバルセロナでは、それが普通のこと(かどうかはわからないけれどひとつの生き方)として通用している。


しかも彼らが幸せそうだということに驚いた。ほんと、「どう生きるか」よりも「どういう心で生きるか」なのだなあと考えさせられた。


他にも、たくましい物乞いの話しを聞いたり実際に見たりもした。里沙ちゃんも言っていたけれど、彼らの生きる力は本当にすごい。自分たちの現状を悲観するでも拗ねて内にこもるでもなく、平然と生きている。わたしたちも見習いたいなあと思った。




バルセロナに滞在中は、「爆竹祭り」にも遭遇した。正式にはサン・ジョアンという夏至を祝う古くからのお祭りなのだけど、爆竹を夜中まで打ち鳴らして祝うことから爆竹祭りと呼ばれているのだそう。


祭りは大盛り上がりで、いたるところで夜中じゅう爆竹が打ち鳴らされていた。その他にも、夜中にオペラを大合唱する若者たちに遭遇したりして、迷惑ではあったけれどなんだか笑ってしまった。彼らは本当にタフでクレイジーで陽気で、そういう彼らの気質がわたしは好きだなあと思った。




話しは変わるけれど、本の中ですごく好きな部分がある。



僕がずっと前から言い続けている、「好きなことを好きなだけやる」生き方が、より明確に価値を持つことになるはずだ。国境や言語など、かつては乗り越えるのが困難だった壁が取り払われていくことで、あらゆるチャレンジが容易になっていく。 「イヤなことを我慢して努力している」人が評価される時代は終わりだ。 「好きなことをしている人がビジネスでも人生でも、いちばん強い」時代へ、日本も移行するだろう。

未来は、いいことずくめだ。

世界も日本も勝手に変わっていく。君も好きにしたらいいのだ。僕たちを不自由にする「国境」は頭のなかにある。



わたしたちの身動きをとれなくしているのは、すべては自分の「思い込み」。わたしたちはもっともっと自由になっていい。


「◯◯だからできない」「◯◯がないからできない」というのはすべて幻想で、飛び込んでみたら案外できちゃった、みたいなことってすごく多い。というかそういうことばかりだと思う。テクノロジーの面でもそうだし、精神的な意味でもそう。


「◯◯だからできない」というのは、やらない言い訳でしかなくて、もう、物理的にも「できないことが少ない」時代になっちゃっているから、もうやりたいことがあったら、やるしかないんだと思う。



わたしは世界をまわったとき、十分な資金はなかったけれど、偶然出会った人に泊めてもらったり食事をご馳走になったりして、行きたいところへはすべて行くことができた。「お金がないとやりたいことができない。行きたいところに行けない」というのも幻想なんだとわかった。



今月の26日からニューヨーク、ロサンゼルスへ行く。やりたいことをやるために。片道切符しか買っていないし、あまりお金も貯めていないのだけど、なんとかなるだろうと気楽に考えている。きっとなんとかなるんだと思う。あまり計画が立てられない性格だから、行き当たりばったりでなんとかしたい。




「これからは好きなことをとことん突き進む人が成功する」と言われたら、どう思うだろう?わたしはすごくわくわくする。だって、そんなのって最高じゃん!


すごいスキルがあるわけでもないし、ビジネスの経験もない。英語だっていまいちだけど、世界をまわって世界のことを知るのが大大大好きなので、これからもそうやって好きなことを追いかけて生きていきたい。そしてたくさんのことを発信したい。


好奇心とわくわくが、わたしのすべての原動力だから。
このエントリーをはてなブックマークに追加



乙一さんの、「GOTH」を読んだ。おもしろかった。すごく。


でもあまりにも猟奇的で、読むのが苦しい場面もあった。人が無残に殺されるところとか、想像するのと身の毛がよだつというか…。こんな物語を書けるなんて、乙一さんはなんて猟奇的なんだ、、と思ったけど、おもしろいと思うわたしにも、猟奇的な部分があるんだろうなあ。


思えば中学生の頃、学校の図書館にあった第二次世界大戦の写真集を見るのが好きだった。特に、バラバラになった死体や、血まみれの死体の山の写真を見るのが好きだった。図書館へ行くたびに手にとって眺めていたことを思い出した。




「GOTH」では、異常で猟奇的な殺人者がたくさん登場する。人間の体を切り刻んだり、人を気絶させて、手だけを切り取ってコレクションしたり、、、そういう人たちの気持ちはわからないけれど、でも「GOTH」を読んで、わたしの中の猟奇的な部分が反応したのは確か。


きっと人って、どこか残酷な部分を持っていて、ほどんどの人はそれを表に出さないだけで、でもきっとあるんだと思う。わたしはある。でも別にあってもいいよね。






「GITH」は夜の章と僕の章、2冊あって、話はすべてつながっているんだけど、それぞれの章で、いくつかの単発の事件が起こる。全部猟奇的。ミステリーでもあるから、推理しながら読むのも楽しい。いくつかは先が読めたのもあったし、「え!まじか!」ってびっくりする展開になったものもあった。


夜の章、僕の章合わせた全体の展開は、まんまと(?)騙されたというか、「まじか!そうなるのか!」ってびっくりして、ラストは何度か読み返してしまった。すごいなあ乙一さん。



ちょっと刺激のある小説を求めている人には超おすすめ!でもエグい殺人ものが苦手な人にはおすすめしません。気分が悪くなるかも。乙一さんの作品、他にも読みたいなあ。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加



4年ほど前に、盲腸と卵巣の手術で10日間ほど入院したことがある。そのとき、「自由に本を読んだり映画を観たりできるのは、本当に幸せだなあ」と思った。


わたしは本を読むことと映画を観ることが好きなのだけど、入院中は本屋に行くこともレンタルショップに行くこともできないので、読みたい本を読むことも、観たい映画を観ることもできなかった。


本を読んだり映画を観たり、そんな「普通の日常」「当たり前にできること」が、入院中は「したくてもできないこと」だった。




できなくなって初めて、どんなにそれが幸せなことだったか気づく。そんな経験はよくあることだけど、いざできるようになって、その状況に慣れてしまうと、とたんにありがたみがなくなって、慣れて、幸せなことだっていう認識がどこかへ飛んで行ってしまう。


でも、「できなくなってから気づく」ってことをいつまでも繰り返していたら、いつまでたっても幸せになれない。「あの頃はよかったなあ」なんて、過去を懐かしむことしかできない。


だから、「今できること」に集中して、それができる喜びを感じて、今を味わいつくして生きていきたい。それができれば最強だと思う。未来を思うでもなく、過去を懐かしむでもなく、今を味わいつくして生きる。それが今のわたしのテーマ。 
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ