2012年9月16日、兄が傷害致死で殺された。享年31歳だった。

当時20歳と21歳の犯人の男ふたりは、今刑務所にいる。


あの出来事から今に至るまでのわたしの心境や、わたしたち家族に起こったことを書いていこうと思う。






2013/7



いよいよ判決の日。

それは現実と向き合わなければならないときがきたということを意味している。

 

検察が懲役7年を求刑した。一方、安田の弁護人は懲役5年を望み、大谷の弁護人にいたっては、兄の死と大谷の暴行には直接的な因果関係がないという主張を繰り返した。

 

確かに兄が意識を失って倒れたのは、安田の暴行の直後だ。だからそれ以前の大谷の暴行には兄の死は関係していないという主張はわからないでもない。けれど医師の証言によって、兄の死因は、車の側面に身体を激しく叩きつけられたり、頬を殴られたことで、首と頭が前後左右に揺さぶられ、それに伴って脳の血管が切れたことだと証明されている。つまり大谷、安田、どちらの暴行が直接の原因かはわからないし、両方が原因である可能性も十分にある。

 

わたしたちの弁護人は、無期懲役を求めた。

被害者の弁護人は、被害者やその家族に代わり、加害者に対して賠償を請求したり裁判で発言したりする。被害者の家族は、法廷にいることはできても限られた場面でしか発言することができないからだ。

 

被害者弁護人は、20代後半の女性だった。

やわらかい雰囲気の女性だったが、法廷で発言するときはしっかりとした口調で、わたしたちの声を代弁してくれた。

安田は、倒れて動かなくなった兄の体を足で踏みつけて意識があるかないかを確かめたという。まるでモノを扱うように。殴られたという事実よりも、そのように、人間のように扱われなかったという事実の方が、家族にとって辛い。

 

「そういった人を人とも思わない行動を、あなたはどう思っているのですか?それは一人の人間に対してする行為ですか?」と弁護人が問いただした。

 

安田は、うつむきながら「そうは思いません」と言った。

 

 



 

 

最後に、被告人の意見陳述があった。
裁判官から、「これで審理を終えますが、最後に何か言いたいことはありますか」と聞かれ、それぞれが証言台に立った。

 

安田と大谷が何と言ったか全く覚えていない。たぶん、反省していますという趣旨のことを話したのだと思う。

わたしたち家族にとって、犯人が反省しているのかしていないのかということは、ある意味どうでもいい。知りたいのは、彼らが何年刑務所に入るのか。社会復帰できるのはいつなのか。兄を殺した罪の重さは、何年服役したら償われたことになるのか、ということだ。

 

 

判決は、懲役5年6ヶ月。

 

 

初犯で、殺意はなく、自首し、反省している。まだ若く、未来もある。釈放されてからの働き口もある。実際はどうかわからないが、表向きはそういうことになっている。そういった場合、5年くらいが妥当なのだという。

 

たったの5年半。

兄を殺した犯人が社会復帰できるまでにはたったの5年と半年しかない。あまりにも短すぎる。

 

 

けれど、と思い直す。例えばこれが7年、10年、15年だったとして、わたしは納得するのだろうか?

そうは思わない。もしかしたら、もっと早く社会に出て働いて賠償金を払ってくれ、と思うかもしれない。きっとどんな判決だったとしても、100%納得することはあり得ないのだと思う。

わたしは宙ぶらりんな気持ちを、犯人の不幸を願うことで折り合いをつけた。5年半で社会復帰ができても、人を殺した人間が、幸せな生活を送れるはずがない。それが世の中の仕組みだ。一生後ろ指を刺され、罪悪感とともに生きていけばいい。たとえ普通の生活を送ることが許されても、幸せに生きることは決して許されない存在なんだ。

 

そう思うことで、わたしは気持ちを落ち着かせることができた。

わたしは、犯人の不幸を願った。




続く。