今ニューヨークにいるんですが、あまりにも楽しくてどんどん滞在日数が増えていきます。


ニューヨークでは予期せぬ出会いがたくさんあって本当におもしろい。これだけ多くの人がいるから、出会いは必然なのかも。


でも、一人でいてもすごく楽しい。世界中いろいろ回って、こんなにも「一人でも楽しい街」は初めてかも。


街並み、お店、アート、芸術、人々、ハプニング(笑)、、、なんでも揃っているから一人でいてもまったく寂しくなくて。大好きなSex and the Cityで、主人公のキャリーが「街とデートしている」っていう表現が、すごくぴったり当てはまる。毎日街とデートします。






ニューヨークに来たのは、ブルックリンに行ってみたかったから。ブルックリンは昔は工業地帯で治安も悪かった地区だけど、今は流行の発信地。マンハッタンとは少し違った、肩肘張らないラフは空気が流れています。


煉瓦づくりの建物と、古い建物をリノベして良さを残しつつスタイリッシュに蘇らせるところがいいなあと思っていて、ずっと来てみたかった場所。


思った通り、ゆるくていい感じ。オシャレなお店もたくさんあるし、おもしろいです。







でも、こっち来て気づいたのが、「わたしはマンハッタンの方が好き」っていうこと。マンハッタンの、ごちゃごちゃして、だけどどこか洗練されていて、いろんな表情を持つマンハッタンが好き。


マンハッタンを歩いていると、うきうきしてくる。多分わたしにすごく合っているんだと思う。




でもマンハッタンからブルックリンに来ると、ちょっとホッとするというか。こういう雰囲気もいいなーって思う。だから「どっちがいい」っていうわけじゃなくて、どっちもいい。


どっちのテイストも、好き。



マンハッタンのキラキラ(ギラギラ?w)した雰囲気も好き。


ブルックリンのゆるい感じも好き。


オシャレしてハイヒールで出かけるのも好きだし、Tシャツとスニーカーで歩き回るのも好き。みたいな感じかな。






少し前までは、自分を定義したがっていたんだと思う。「わたしはマンハッタン派」、「ブルックリン派」みたいに。どっちかを選んだら、もう一方は選べない、みたいに。


でも、どっちも好きなんだもん。どっちのテイストも、わたしの中にあるわけだし。


きっと自分を定義したがっていたのは、「中途半端はだめ」みたいな思い込みがわたしの中にあったから。でも今はぜんぜん思わない。どっちもわたし。どっちもわたしなんです。


そんなわたしだから、中間のブルックリンブリッジが好きなのかもしれない(笑)