カテゴリ: 兄が殺されてから

2012年9月16日、兄が傷害致死で殺された。享年31歳だった。

当時20歳と21歳の犯人の男ふたりは、今刑務所にいる。


あの出来事から今に至るまでのわたしの心境や、わたしたち家族に起こったことを書いていこうと思う。






2013/6


およそ10回にわたる裁判が始まった。



事件当日の様子が次々と明らかになった。犯人がその日にあった出来事語り、それを図で説明した。

事件の概要はこうだ。





事件現場は愛知県名古屋市港区の国道302号の路上。犯人たちは車5台、バイク4台ほどで仲間内のドリフトを見に工場地帯へ向かって走っていた。


犯人たちは片側一車線の道路を、時速30kmで何台も連なって走っていた。運の悪いことに、兄はその集団の後ろについた。さらに運の悪いことに、兄はそういったとき、大人しく後ろを走り続けるようなタマではなかった。


反対車線へ出て猛スピードで集団を追い抜いた兄の行動に、バイクで先頭を走っていた犯人の大谷が怒りを感じてすぐさま抜き返した。そしてものすごく速度を落とすか止まるかして、兄の車が大谷の運転するバイクに追突した。


この追突で大谷が怪我をすることはなかった。だが激昂した大谷が兄の運転する車に近寄り、兄も車を止めて外へ出た。大谷は兄の胸ぐらをつかみ、兄は大谷の肩を掴んだ。兄の身長は、大谷よりも15センチほど高い。

「テメェなにやってんだ」という大谷の言葉に兄も応戦し、ふたりは額を突き合わせてにらみあった。


そこで大谷が、兄が飲酒していることに気づいた。「お前酒飲んでるんだろう。警察に通報するぞ」と言われ、兄はなにも言えなくなってしまった。無抵抗になった兄を、大谷は胸ぐらをつかんで体を運転席側のドア付近に叩きつけたり、平手で何度か殴った。それでも兄は無抵抗だった。兄の体は、頭は、大谷に揺さぶられてぐらぐら揺れた。



少し遅れて、集団の後方をバイクで走っていた安田がやってきた。改造したバイクのマフラー部分が走行中に落ち、取りに戻っていたために集団から少し遅れをとっていた。

安田は仲間から、大谷のバイクに兄の車が追突したと聞くやいなや、マフラーを持ったまま兄と大谷の元へ駆けつけ、兄の太ももとお尻のさかいめあたりをマフラーで殴った。わたしの予想では、大きな痛みを伴うものではなかったと思う。お尻の辺りのやわらかい部分に当たっているし、この打撃で兄は倒れることはなかった。マフラーを捨てた安田は、兄の顔面を拳で2、3発殴った。





一方的に殴打を受けた兄が、車へ戻ろうと歩きかけた瞬間、ぐらっと体制を崩し地面に突っ伏した。受身も取らずに後頭部を地面に強打し、ゴンっとかゴリっとかいうにぶい音がした。犯人と数人の仲間たちの証言では、殴打後兄は数歩歩いたとされているが、仲間の中には安田の拳によって転倒して頭を打ったと証言する者もいた。真実はわからないが、後の医師の証言によって前者が正しいと裁判では判断された。

胸ぐらをつかまれて激しく体を揺さぶられたことによって頭がぐらぐらと前後に揺れたり、殴られたことによって頭が左右に揺れたりなどの「頭が激しくゆさぶられること」によって脳の血管が切れたことが兄を死に至らしめた決定的な要因となったことが証明されたからだ。





安田の打撃により頭を打って死ぬことと、大谷と安田の行為によって脳みその血管が切れて死ぬこと。どちらも彼らが兄を死なせたことに変わりはない。だけどわたしは後者でよかったという安心感のようなものを感じた。犯人たちの行為以外にもなにか別の要因があってほしいという思いがあったからかもしれない。

本当は血管はもろくなっていて死期は近かった。そこにたまたま殴打が重なり、死に至った。犯人たちの行為だけで兄が死んだのではない。犯人たちが兄の人生をうばったのではない。兄は死にゆく運命だったのだ。

わたしはそう思いたかった。そう思うことで絶望の中に少しだけ空間のようなものができる。絶望で満たされた心の中にできたわずかな空間では、息をすることができる。苦しくなったら、そこに頭を突っ込めばいい。息が整ったら、また絶望の中に身を投じればい。そんな空間だ。


その空間のおかげで、わたしは過酷な裁判を乗り越えることができた。




続く。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年9月16日、兄が傷害致死で殺された。享年31歳だった。


当時20歳と21歳の犯人の男ふたりは、今刑務所にいる。



あの出来事から今に至るまでのわたしの心境や、わたしたち家族に起こったことを書いていこうと思う。






2013/6




兄が死んでから10ヶ月が経って、裁判が始まった。




兄が殺されたと知ったとき、とっさに思ったのは「犯人の顔を見たくない」だった。もし顔を見てしまったら、一生恨むことになるかもしれないし、殺してしまいたいと思うかもしれない。

一生誰かを恨んで生きていくことになるのがいやだったし、犯人に対してどんな感情を持つか予想のつかない自分が怖かった。



けれど時が経つにつれて、犯人の顔を見たいと思うようになった。よく覚えていないけれど、「見ておかなければならない」という使命感みたいなものを感じたような気がするし、裁判を聞けば兄が死んだ時の状況を知りれると思った。なぜ兄は死ななければならなかったのか。なぜ兄は殺されなければならなかったのか。そこにまっとうな(少なくとも納得できるような)理由があるのかどうかが知りたかった。


だけど一番の理由は、父をひとりで裁判所に行かせたくなかったからだ。


裁判には、父と兄の奥さんが行くことになっていた。裁判所は名古屋市内にあり、奥さんは名古屋市内に住んでいて、父は岐阜県に住んでいる。父と奥さんは裁判所で合流することになっていた。

家から裁判所までは車で1時間ほど。裁判は全部で10回ほどあり、その10往復を父ひとりで行き来させたくなかった。ぼおっと運転して事故にでもあったらと思うと心配だったし、息子の死の状況を聞かされたあと、うなだれながら車を運転する父の姿は想像するに耐え難かった。


兄が死んだ2日後だったと思う。兄が死んだ現場に父と母と車で行くことになった。なぜだかは忘れたが、車2台に分乗して前を走る父に、母とわたしがついていくという形になった。

父はあまりにもぼおっとしていて運転がおぼろげなかった。ぼおっとしすぎて高速にのるときに反対側の料金所に入ってしまい、1区間で降りてまた乗り直したりもした。

そういったこともあって、父をひとりにしたくなかったのだ。隣にわたしがいれば、気休めくらいにはなるだろう。



そんなこんなで、わたしは裁判を傍聴することに決めた。







父と奥さんは法廷内の検察側の席に座り、わたしは傍聴席に座った。検察側の最前列、つまり右手の一番前の席が関係者席らしく、一般傍聴者が座れないように白の紙が席にかけられていた。わたしはその紙を隣の空いた席にどかして、関係者席に「わたしは関係者ですよ」という顔をしながら座った。


ふと横を見ると、楽器ケースのようなものを持った見たこともないおっさんが傍聴席の最前列のど真ん中に座っていた。兄の事件とどんな関係があるのかと考えたけれど、思い当たらない。どうやら暇つぶしに裁判を見に来ているらしい。そういう人はよくいるらしい。父は「暇なやつもいるもんだなあ」と言っていた。

結局、そのおっさんは毎回最初から最後まで裁判を傍聴していた。まったく見ず知らずのおっさんに兄の死んだ裁判を傍聴されることに複雑な気分になったが、まあ害はないし、最後の方は気にならなくなった。



兄の裁判は、裁判員裁判だったので、裁判官3人の他に、6人の裁判員、予備らしき2人の裁判員が法廷の高いところに座っていた。

裁判員は若くて40代くらいのおじさんから、上は70代くらいのおばあちゃんまでさまざまだったが、平均年齢は高めだった。渡された資料を読みにくそうに目を細めながら読んでいるおじいちゃんもいて、大丈夫かしらと不安になった。ちゃんと資料の内容を理解して、間違っても変な判定はしてくれるなよと、裁判員をはげます気持ちで見ていた。



裁判長は50代くらいの小柄なおじさんで、声がやたらと感高かった。その裁判長が「被告人を連れてきてください」のような発言をしたとき、わたしの中に軽い緊張感が走った。いよいよ犯人の顔が見れる。



左手の扉が開いて、まず警察官と思われる制服を着た男性が入ってきた。その警察官に続いて、小柄な坊主頭の男が入ってきた。それに続いて、最初の男よりも若干背が高めで、体の線が細くて顔がやたらと白い男が入ってきた。それらが犯人だった。


今でも二人の顔ははっきりと、街で会っても気づけるほどに濃く覚えている。事件当時21歳だった安田被告は背は多分165センチほどで、元土木作業員らしい少し浅黒い肌で多少がっしりとした体つき。顔はどちらかというと幼い感じだ。やや気だるい雰囲気を発していた。

当時20歳だった大谷被告は身長167センチほどで、細身で色白。髪は少しツンツンしていた。眼鏡をかけていていかにも神経質そうな顔つき。学校ではどのクラスにもひとりはいそうな風貌だった。安田被告はさておき、この大谷被告は暴走族には見えなかった。たぶんケンカも強くないし頭も良くないけれど、バックがいるから虚勢を張れるタイプ。きっとひとりでいるときに自分より強そうな相手に向かっていくことはないだろう。




犯人を初めて見たたわたしは、軽く心臓の鼓動が早まっていた。緊張しているわけではないけれど、アドレナリンがごくわずかに出ている感覚だった。激しい憎悪がわくわけでもなく、だけど完全に冷静になるわけでもなく犯人を見ていた。


「対面だ」と思って身構えていたけれど、終始犯人たちと目が合うことはなかった。犯人たちは傍聴席を見るそぶりを見せなかったし、法廷内にいる父と兄の奥さんすらも見ている様子はなく、ただじっと目線を下げていた。




短いようで長い10回の裁判が始まった。




続く。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年9月16日、兄が傷害致死で殺された。享年31歳だった。

当時20歳と21歳の犯人の男ふたりは、今刑務所にいる。


あの出来事から今に至るまでのわたしの心境や、わたしたち家族に起こったことを書いていこうと思う。






兄が死んでから2年半ほど経つけれど、両親が犯人のことを話題にしたことは数えるほどしかなく、犯人に対する恨みごとを(少なくともわたしの前では)一度も口にしたことがない。心の中では恨んでいるのかもしれないが、それを表に出さない。


これはすごいことなんだと思う。実の息子を殺されて、恨みごとひとつ言わない親が存在する。


わたしが犯人を恨まずにいられるのは、確実に両親のおかげ。もし散々恨みごとを聞かされ続けたら、両親をそんな風に(不幸に)した犯人を恨むはず。もし母親が鬱状態になったり、父が酒浸りになって暴力を振るうようになったとしたら、家族をめちゃくちゃにした犯人を恨むはず。



犯人の行為により、兄は失われてしまった。それは確か。だけど、わたしたちの生活は全くと言っていいほど失われていない。わたしたち家族は、それぞれに傷を抱えながらも、それでも前と変わらない生活をして、前と変わらず笑いあって、前と変わらずケンカをして、前と変わらず平穏な日々を過ごしている。



生きていれば、他人に物質的な何かを奪われることはある。恋人を奪われる、お金を奪われる、住まいを奪われる、大切な家族を奪われる。


だけど誰一人として他者の「前向きな姿勢」や「その人らしさ」を奪うことはできない。

わたしは最近強く感じているのは、出来事が人を不幸にするのではなく、その出来事を「不幸だ」と認識・選択した人が不幸になるのだということ。



出来事は人を不幸にすることはできない。不幸であるか、幸福であるかどうかを選んでいるのは自分自身。


どんなことが起こっても、幸福であることを選択することはできる。絶対にできる。わたしたちは大切なものを奪われたけれど、負の方向に沈むのではなく、しっかりと日常を取り戻している。




(不幸そうな)出来事に対して、幸せな選択をすることは、誰にでもできる。お金もかからないし、特別な才能やスキルも必要ない。今この瞬間からできる。


ただ、何かのせいにするのをやめさえすればいい。不幸な出来事を起こした人、物、現象。それらについて考えるのをやめて、自分の人生を考える。この出来事が自分にどんな意味があるのだろう?と考える。

そうすると、その(不幸そうな)出来事が、自分の人生にとって意味のあることだということに気づく。「あの出来事があったから、今の自分がある」と言える。その自分を不幸な出来事をもたらした人や物に、感謝の気持ちを抱くことができる。





家族が死ぬのは悲しい。わたしたち家族は、辛い気持ちは抱えながらも、幸せでいることを選択する。時には泣いて、落ち込んで、立ち止まって、それでも前を向いて生きていく。今日は明るくなれなくても、明日は明るくなれるかもしれない。そんな希望を持って生きていく。


そんな人生って、素晴らしいと思う。




続く。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年9月16日、兄が傷害致死で殺された。享年31歳だった。


当時20歳と21歳の犯人の男ふたりは、今刑務所にいる。



あの出来事から今に至るまでのわたしの心境や、わたしたち家族に起こったことを書いていこうと思う。






わたしが兄を殺した犯人の幸せを願えるようになったのはなぜか?それは、「加害者の身内の気持ちがわかる」からだと思う。それだけじゃないけど、それが大きい。



 

4年前の大学4年の冬、当時付き合っていた彼が警察に捕まった。公務員だった彼は当時仕事で福岡へ行っていて、遠距離恋愛だった。ある金曜の夜、突然彼と連絡が取れなくなった。メールをしても返ってこないし、電話もつながらない。日曜になって彼の職場の先輩から、彼が警察に捕まったことを知らされた。かなり衝撃的で、しばらく手の震えが止まらなかった。

犯罪といっても罰金ですむくらいの軽いものだったけど、彼は何日間か拘留されていた。はじめのうちは、絶対に冤罪だと思っていた。なんの根拠もなくそう思っていた。たぶん、冤罪だと思おうとすることで「彼氏が犯罪者」という事実から目を背けたかったんだと思う。

彼が罪を認めて罰金を払ったと聞いて、ああ、事実なんだと思った。頭ではわかっても、うまく飲み込めなかった。事実を事実として受け入れることは、本当に辛かった。



彼が犯罪を犯したと知ってから、当時映画化されていた「悪人」が気になって気になって仕方がなくて、(映画は見ずに)小説を読むことにした。今思うと、この小説を読んだことは、わたしの人生のターニングポイントになったと思う。

人を殺した青年と、その青年を愛してしまった女性が逃走する話。映画も観たけれど、本当に素晴らしい作品だと思う。わたしはこの小説に救われた。「悪人」を読まなければ、混乱した気持ちを整理することはできなかったかもしれない。

罪を犯した青年の想い、犯罪者を愛した女性の想い、加害者家族の想い、娘を殺された父の想い、いろんな立場の、いろんな想いがつまっている。被害者、加害者、どちらにも愛があって、悲しみがあって、優しさがある。加害者にも家族や恋人や大切な人がいて、加害者も愛される存在。人を殺した人のことを、自分の人生をかけて守ろうとする人がいるのも事実。

犯罪を犯しても、彼が以前と変わらずわたしにとって大切な存在であることに変わりはなかった。罪を犯した人間は、悪人ではない。これがわたしが出した結論。

わたしは加害者側の人が抱える想いや悲しみや優しさや愛がわかる。だから兄を殺した犯人も愛される存在である、ということが自然と理解できるんだと思う。彼らは愛されていいし、幸せになっていい。



罪を犯した人間も、幸せになっていい。

大切な人を奪われた人も、幸せになっていい。

どんな人間も、幸せになっていい。



幸せは、自分で選べる。





続く。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年9月16日、兄が傷害致死で殺された。享年31歳だった。

当時20歳と21歳の犯人の男ふたりは、今刑務所にいる。


あの出来事から今に至るまでのわたしの心境や、わたしたち家族に起こったことを書いていこうと思う。






2012/9/25



お葬式が終わり1週間ほどたったころ、警察から兄を殺した犯人が見つかったという知らせが来た。兄の死は事故死だと思っていたわたしたち家族にとって、その知らせは衝撃だった。だけど本当のことをいうと、なんとなく予感はあった。

頭を打って死んだはずなのになぜか唇に傷があったり、乗っていた車に傷がついていたり、不審に思うところがいくつかあった。兄の友人も葬儀のとき、何かがおかしいと言っていた。

警察から電話で事実を聞かされた母は、父にすぐ伝えることができなかった。悲しむ姿を見るのが怖かったんだと思う。母は父と二人きりのときに言うのが怖いと言って、わたしがいるタイミングで伝えた。母の声は震えていた。

優くんを殺した犯人がいるんだって、という母の言葉に、殺されたってことか?と大きな声で聞き返した父。母は答える代わりに嗚咽をもらした。父はそれからぴたりと黙った。だれもなにも言わない、気まずさとも違うなんともいえない空気が流れた。




犯人は当時20歳と21歳。兄の死の1週間後に自首した。わたしは未成年でないことにほっとした。兄を殺した犯人が、刑事責任を問われないなんて想像もできなかったからだ。

このときわたしは絶対に犯人に会いたくないと思っていた。顔を見てしまったら、一生恨んでしまいそうで、顔が脳裏に焼き付いてしまいそうで、憎しみと共に過ごさなければいけなくなりそうだったからだ。


兄の2人の息子たちのことを想った。彼らは父親を殺した犯人のことをどう思うだろうか?

何年か前に読んだ東野圭吾さんの「流星の絆」を思い出した。幼い頃に両親を殺害された3兄妹が、大人になって犯人に復習するという話だ。蓮と琉(兄の息子たち)も犯人に復讐することを考えるだろうか?父親を奪った犯人を憎み続けるだろうか?

renrui_20150208_001

ren_20150208_001

rui_20150208_001

琉はどうかわからないが、蓮は父親が殺されたのだという事実をしっかりと認識している。裁判も傍聴しているし、犯人の顔も見ている。だけど蓮はなにも変わらず蓮のまま、事実を事実として受け止めながら生きている。

だからだろうか。わたしは蓮と琉のことを、かわいそうだと思ったことは一度もない。彼らに悲壮感が全くないからかもしれない。子どもたちに被害者意識はこれっぽっちもない。

もちろん寂しい想いをしていると思う。人には言えない苦しみや悲しみもあると思う。だけどその苦しみや悲しみが彼ら自身や彼らの絆を強くする。父親がいないという事実が、彼らを唯一無二の存在にしている。


わたしは、わたしたち家族が不幸だと思ったことが一度もない。父、母、わたし、兄の息子たち、兄の奥さん。それぞれがそれぞれの悲しみを抱えながら生きている。だけどこれが生きるということだと思う。兄の死という痛みは、わたしたちの人生に深みを与えるスパイスになっている。




続く。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ