カテゴリ:旅の記録 > ハワイ

ハワイ最後の夜、父がクレジットカードを差し出し「これで好きな物買ってこい」と言った。わたしはありがたくカード受け取り、興奮しながらショッピング街へと向かった。


ところがどれだけ歩き回っても、欲しいものが見つからない。ブランドのバッグ、靴、アクセサリー、服。何を見ても心が踊らない。何か欲しいものはないかと考えてみても、ショッピング街で買えそうな物の中からは何も思い当たらない。


そのときふと思った。わたしはもう物への執着を手放しているのかもしれない。わたしはすでに必要なものはすべて持っていて、何も足す必要がない。今の状態で、十分すぎるほど満たされている。

そう思うとうれしくなった。


カラカウア通りを歩きながら、ショッピングをあきらめてクラブへ行こうかと考えていると、アクセサリーを並べた露店が目に入った。露店と言っても小さな台の上にいくつかアクセサリーを並べただけの簡単なものだ。台の隣に20代後半と思われる、金髪ショートヘアのお姉さんがアクセサリーをつくりながら座っていた。

気になって眺めていても、声を掛けずにいてくれるのがありがたかった。

シルバーのリングに小さな貝殻とヒトデのチャームがついたブレスレットが素敵だった。値段を聞こうとして、わたしは現金を持っていないことに気がついた。ダメ元でカードが使えないかと聞いてみたけれど、案の定ダメだった。



露店を離れ、どうしようかと思いぶらぶら歩いていると、昼間は全く気づかなかった場所に両替所があった。わたしはこれから各地を旅していく中で、一つの土地に一つのブレスレットを買おうと決めていた。それはデパートで売っているようなものではなく、そのとき、その場所でしか買えないような手づくりのものがよかった。

さっきの露店で見たブレスレットは、まさにそれにぴったりだった。すべてハンドメイドだと言っていたし、きっとこの機会を逃したら、一生手に入らないもののような気がした。


ホテルに戻り、3千円を手に両替所へと向かった。

両替すると24ドルと小銭が少々だった。再び露店に戻ると、お姉さんが「また来てくれたわね」と笑顔で迎えてくれた。目をつけていたブレスレットの値段を尋ねると、「あなたが決めて」と言う。

きっと彼女は昼間はなにか別の仕事をしていて、夜になるとこうして露店を開き、趣味でつくっているアクセサリーを並べているのだろう。

持っていたドルをすべてお姉さんに渡した。枚数を確かめようともせず、心からありがとう、という感じで感謝を伝えてくれた。わたしはすがすがしい気持ちになった。


24ドルが高いのか安いのかはわからないが、客に値段を決めさせるということはたったの1セントしかもらえない可能性もあるのだと思うと、わたしは気前のいいほうかもしれない。もしかすると、そのほうが結果的に高値で売れるということもあるのかもしれない。


わたしはハワイに来てはじめて意味のあることにお金を使ったような気がした。








旅に出ると自分という人間がよくわかる。どんどん新しい自分に出会える。いい意味でも悪い意味でも。わたしは新しい自分を知れるたびに、よろこびを感じる。まだこんな自分が眠っていたのか、ハロー、新しい自分!という感じでうれしくなる。


同じことを繰り返す毎日を過ごしていては、決して気づくことのできないことだと思う。人は環境の変化によって自分を知ることができる。どんどん知らない場所へでかけよう、どんどんやったことのないことをやろうと思う。

自分という人間と嫌というほど向き合い、驚くべき自分に出会おう。


わたしが旅行、旅に求めているものは、新しい自分を知ることかもしれない。自分にない価値観を知り、受け入れていくことで、自分を広げていくことかもしれない。美しい景色を求めるのは、それを見た自分がどういう気持ちになるのかを知りたいからかもしれない。



まだわたしは、手放しで旅行を楽しむ、ということはできそうにない。いつも旅の中に自分を見ている気がするからだ。きっと年を重ねるたびに旅の楽しみ方も変わってくるのだと思う。それはそれで楽しみでもある。



ハワイは、本当に素晴らしかった。けれどたったの5日でハワイの素晴らしさは体験しつくせない。またきっと来たいと思う。
このエントリーをはてなブックマークに追加

外国へ行くといつも「べき」が少ないと感じる。

国によって違いはあるけれど、外国人は日本人と比べて「こうあるべき」という思考の度合いが少ない。

 

ダウンタウンへ向かうトロリーバスに乗ると、運転手がやたらと陽気だった。車内に自分の好きなCDを流し、ノリノリで運転している。

信号待ちですぐ横の工事現場で友人が働いているのを発見した運転手は、クラクションを鳴らして「よお!調子はどうだ!」と大声で話しかけた。会話は信号が変わるまで続いた。

 

彼らの中心は「自分」であり、自分がどう思うか、自分がどうしたいかが先にくる。誰かの顔色を見て行動をしている人などほとんどいない。

彼らを見ていると、どうあるべきかなんて考えず、直感にしたがって生きていけばいいんだと素直に思える。みんなが「自分」を世界の中心に置いても世界は成り立つ。もしかしたらそう思いたくて、わたしはそういう場面を探しているのかもしれない。

 

彼らは自己主張をためらわない。

レストランで食事をしていると、50代くらいのおじさんが一人で入ってきた。通された席が気に入らず、奥の席を見せてくれと店員に要求し、奥に通された。だけどその席も気に入らなかったようで結局元の席に戻ってきた。

座りたい席に座るのは当たり前という態度のおじさんと、当然のように対応する店員。日本と違い、おもてなしの心を持たない海外では言いたいことは言わなければ伝わらない。こうしたいと思えば、素直に言わなければ誰も察してはくれない。かゆいところに手が届く、ということはありえない。

だからこそ意見は尊重される。日本ではわがままと言われる要望も、当然の権利として認められる。そんなわかりやすくてイーブンなところがわたしは好きだ。

 

 

4日目の夜のことだった。一人でワイキキのショッピングモールをぶらぶらしていると、あるショップの入り口に立った店員が、わたしに何かを投げるそぶりをした。何かなと思って足を止めると、愛想のいい笑顔をうかべた太めの男性店員が、こっちに来なよ!というジェスチャーをした。

そのそぶりがあまりにも自然だったのでついていくと、そこは化粧品を扱うショップだった。しまったと思ったけれど、出ていくわけにもいかず店員のすすめるまま奥の席に座った。

店員は3つの化粧品を取り出し、わたしの腕に塗りだした。

化粧水、クリーム、もうひとつクリームを塗り、「ほらみて白くなったでしょう、さわってみて、もちもちだから」とい言う。特にもちもち感はなかったけれど、一応「おおー」と驚いたそぶりをしてみた。

 

成分を簡単に説明すると「どれにする?」と言う。あまりの唐突さと、あたかも買うことは決定しているかのような言い方に驚いた。

絶対に買わないぞ、とわたしは心の中でつぶやいた。どんな勧誘にも、ノーと言い続ける。強引に勧めれば日本人が買うと思ったら大間違いだということを、この太めの店員にわからせるためにも絶対にノーと言い続けてみせる。

 

「お金がないから無理」と言うと、「信じられない。ひとつくらい買えるだろう。どれにする?」と言う。「他に買わなければならないものがあるから、これを買うお金はない」と言うやいなや、愛想笑いを浮かべていた店員の顔が一変し、「You leave!」と鋭い口調で言い放った。

 

意外だった。こんなにも早く解放されるとは思わなかった。そしてなにより、なぜ怒られなければいけないのかわからなかった。頼んでもいないのに施術したのは向こうで、商品に魅力を感じられないのも店員の腕のなさのせいで、買わないからといって怒られるいわれはない。

 

だけどこうも思う。彼らからしたら、買うつもりもないくせに、店に入って来るなという考え方なのかもしれない。お金がないのなら、はじめからそう言えばいい。そうすれば彼も無駄な時間を過ごさなくてよかった。

買うつもりのないものを試す、という感覚は、この国の人にはないのかもしれない。もしかしたら日本独自の感覚なのかもしれない。この感覚のズレに、異文化交流のおもしろさを感じながら、夜の街をうろついた。

 

 

続く

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

3日目はダイヤモンドヘッドに登った。

ダイヤモンドヘッドは本当に素晴らしかった。これは想像以上だった。

 

ビーチから見えるダイヤモンドヘッドは薄茶色だが、近づいてみると、岩の隙間から草木が生い茂っていた。ワイキキビーチからトロリーに揺られダイヤモンドヘッドの登山口に着くと、そこには広大な芝生が広がり、開放感にあふれていた。

 

daiyamondhead_20150309_001

daiyamondhead_20150309_006

 

1ドルの入山料を支払い、トレッキングコースへと向かった。ダイヤモンドヘッドは初心者にも登りやすいコースで、本格的なトレッキングの準備がなくても気軽に登ることができる。

 

daiyamondhead_20150309_007

 

観光名所だけあり、途中で多くの人とすれ違った。ほとんどが観光客のようだったが、中には顔を真っ赤にさせながらトレイルランに励む地元のロコたちの姿もあった。

 

daiyamondhead_20150309_003

 

コースの途中から見える景色も素晴らしかった。ダイヤモンドヘッドの中心部はクレーターのため窪み、外側だけが隆起している。その隆起した部分を登るのだが、上へと向かうにつれてその形状が大体わかってくる。

 

daiyamondhead_20150309_008

 

 

30分ほど登り洞窟を抜け、最後の難関と言われる急な階段を越えた先が頭頂部だ。腰をおろしてじっくり景色を見ようと考えていたのだけど、それはできなかった。山の頭頂部のとんがった場所にぐるりと落下防止の手すりが囲まれ、人がすれ違えるかどうかのわずかな足場があるだけだったからだ。

 

がしかしその景色は圧巻だった。

 

daiyamondhead_20150309_009

daiyamondhead_20150309_004

daiyamondhead_20150309_010

 

ただ単に美しい景色だけではない何かがそこにはあった。わたしはダイヤモンドヘッドの登頂で、初めてハワイが愛される理由がわかったような気がした。

ダイヤモンドヘッドから見える海は、優しく、すべてを許してくれているみたいだ。わたしを受け入れてくれている。景色を見てそんな気持ちになるのは初めてだった。

 

少し下ったところに人工的につくられた広場に腰掛け、あきることなく景色を眺め続けた。ここなら何時間でもいれる。それどころか毎日でも来たい。

 

この景色を見るのと見ないのでは、わたしの人生に決定的な違いがある。わたしは元来た道を下りながら今見た景色を反芻していた。

1日目に抱いたハワイの印象は、もうとっくに吹き飛んでいた。自然こそハワイの素晴らしさなのだと思った。

 

ハワイは色鮮やかだ。空の青、海の青、木々の緑の色が日本とは決定的に違う。自然はこんなにも鮮明な色をしているのかと驚く。

日本で見る自然の色はどこかグレーがかっている。それはわたしの心がそう見させているのかもしれない。

 

ハワイにいて、長い間落ち込むことは不可能なのではないかと思う。

ハワイに住み、落ち込んだら海を見つめ、思考に煮詰まれば山頂から壮大な景色を眺める。そんな毎日を送ることができたらどれほど幸せだろう。

日本の会社で、オフィスに閉じこもり、窓から見える空を眺めながら働く自分の姿を思い出して心寒くなった。人間は、どの環境に身を置くかですべてが決まる。そんな気がしてくる。

 

 

市街地へ戻り、2日目に見つけたワイキキビーチを一望できるオープンテラスのレストランへ向かった。せっかく旅行に来ているのだから新しいレストランを見つけたらどうかとも思うけれど、わたしはお気に入りの場所ができると、ついつい何度も足を運ぶ。

それは新しい場所を探すことが面倒くさいということもあるけれど、限られた日数だからこそ気に入った場所を何度も訪れたい。新しい店探しは、また次に来たときでいい。

 

そのレストランは比較的人通りの多い場所にあり、通りからもみつけやすいのにもかかわらず日本人の姿を見かけないのもよかった。たとえそれが観光客であろうと、外国人に囲まれているということが海を渡ってやってきたのだということを感じさせてくれる。

 

ちょうどサンセットの時間と重なり、そのレストランから素晴らしい景色を眺めることができた。

IMG_3978

IMG_4016

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

ふと、ここでは誰もわたしのことを知らないのだなと思った。ここでわたしは無名の個人であり、何者でもないただの観光客だ。

わたしがどんな仕事をし、どんな功績を挙げ、どんなことを成し遂げたのか、また成し遂げようとしているのかなんてどうだっていいことだ。今自分がここにいる。ここに座って夕日を眺めている。それだけだ。

 

日本でのわたしは、有名になりたくて、何かを成し遂げたくて、何者かになりたくて必死だった。なにもない自分にいつも焦りを感じていた。

だけどそんなことどうだっていいじゃないかとハワイの自然が、人が、教えてくれる。

こんなにちっぽけで、何者でもない自分でいいじゃないかと気付かせてくれる。

それがわたしじゃないかと。

 

何を焦っていたんだろう?何に固執していたんだろう?カチカチになったわたしの思考がほぐれていく。

 

大切なことに気付かせてくれた3日目の夜が終わる。

 

 

続く
このエントリーをはてなブックマークに追加

ハワイの2日目は寝不足から始まった。

 

25日の21時に日本を立ち、約6時間のフライトを経てホノルル空港へ到着した。現地時間は25日の午前10時。もう一度25日をやり直す感覚だ。

飛行機で寝付けなかったため、一睡もしないまま再び1日を繰り返すというのはなかなかしんどかった。

1日目の夜はぐっすり寝れるだろうと思い早めにホテルへ戻ったけれど、時差ボケのせいかなかなか眠れなかった。ようやくうとうととし始めたのが午前5時。ビールを2本空けた後だった。1時間ほど寝て、簡単に支度を済ませてホテルを出た。サンライズを見るために。

 

ワイキキビーチへ着くと、空が白み始めていた。

 

waikiki_20150307_001

 

日が昇るのはビーチの反対側。後ろを振り返るとそこにはホテルや高層マンションが立ちはだかり、日の出を完全に遮っていた。

わたしは白けた気分になり、ビーチを後にした。

 

 

その日はホノルルから離れ、ダウンタウンまで足を伸ばしてみることにした。

ダウンタウンはホノルルの政治・経済の中心だけあり、ビジネス街が広がっている。ここではハワイ王国時代の史跡を訪れることもできる。

ダウンタウンへ向かうトロリーの中で、わたしは猛烈な腹痛に襲われた。

わずか5分ほどのうちに痛みはどんどんとひどくなり、吐き気もこみ上げてきた。目的の停留所までのわずかな時間ももないくらいだった。よっぽどバスを止めてもらうよう頼もうかと思ったが、それを英語で言う勇気も気力もなく、横たわってやり過ごすことにした。

 

横になるとだいぶ落ち着き、痛みのピークが過ぎ去った。だが油断はできない。またいつ襲ってくるかわからない。バスを降り、近くにあったスーパーマーケットのトイレへと駆け込んだ。

 

ハワイまできてスーパーマーケットのトイレに閉じこもる羽目になるとは夢にも思わなかった。

ダウンタウンの中心のスーパーマーケットにはガラの悪い連中が訪れるのか、ドアの向こうから悪態をつく声が聞こえてきた。

それはわたしが今まで聞いたどの悪態よりもひどいものだった。汚い笑い声とともに、遠慮なく放たれる罵りの言葉。わたしは彼女たちが出て行ってくれるよう必死で願いながら、腹痛の原因がすべて流れ出ることを祈った。

 

出すべきものを出してすっきりしたわたしは再び観光に戻った。

 

 

父は日本にいるときからしきりにビーチでサンセットが見たいと言っていた。せっかくならごちゃごちゃしたワイキキビーチではなく、トロリーで10分ほど行った先にあるアラモアナビーチまで足をのばそうということになった。

アラモアナビーチは人が少なく、日本人もほとんどいない穴場のビーチなのだ。

手前に広がる芝生の緑、その先の砂浜、そして一面に広がる真っ青な海。思わずため息が漏れた。わたしはアラモアナビーチで、ハワイに来てはじめて心が躍るのを感じた。

 

IMG_3779

 

IMG_3777

 

 

海は透明で美しかった。

 

砂浜に寝そべると、タオルを通じて暖かさが背中に伝わり、それが体全体に広がっていくのはなんとも言えず心地よかった。わたしは海へ入るのを早々に切り上げ、砂浜で横になった。

 

空は優しい青だった。

IMG_3752

 

 

1時間ほど眠ると、サンセットまであと1時間ほどだった。芝生に移動し、ビールを飲みながら日が暮れるのを待つ。こんなにゆったりと太陽が沈むのを見るのはいつぶりだろう。いや、もしかしたら初めてかもしれない。わたしは山に囲まれた街に住んでいる。周りには住宅街。水平線のかなたに日が沈んでいく様子を、わたしの住む街から見ることはできない。

 

aramoana_20150307_007

aramoana_20150307_008

aramoana_20150307_005

aramoana_20150307_004

aramoana_20150307_006

 

 

刻一刻と色を変えていく空に、釘付けになる。

 

 

少しでも目をそらしたら次の瞬間には表情を変える景色を、わたしは飽きずにずっと眺めた。穏やかな時間のなかでふと、昨日の夕飯を食べたレストランの店員を思い出す。

笑顔でないからといって、彼女たちが幸せでないわけではないのかもしれない。

彼女たちは自由だった。自分が振る舞いたいように振る舞うことになんのためらいもない。自分の感情を表すのに躊躇がない。脳と表情の間に、思考というものを挟まないのかもしれない。そのストレートな感情表現はわたしを萎縮させたけれど、そういうものだと思って割り切ってしまえばいいように思う。

ハワイのひとたちは、自分を飾らずに生きている。

 

そう思うと、少しだけハワイが好きになれた。

 

続く
このエントリーをはてなブックマークに追加

2月25日〜3月2日までの6日間、父とふたりでハワイへ行った。わたしにとって初めてのハワイだ。

 

ことの発端は、父が何気なく言った「ハワイに移住するか」の一言だった。猛烈にテンションが上がったわたしは、ハワイに行ったこともないのに移住する気になり、それでは一度行ってみるかということでハワイ旅行が実現した。

 

ワイキキビーチやダイヤモンドヘッドなどの観光地についての知識はあったので、下調べは主に食について進めた。本や雑誌で調べたり、ハワイを訪れたことのある友人にオススメを聞くなどして、1週間あっても回りきれないだろうと思われるレストランをピックアップした。

 

もちろん楽しみだったのは食だけではない。ビーチ、山、気候、あたたかな人々。

ハワイへ行ったほぼすべての人が「最高だった」「また行きたい」「住みたい」と言うのだから、それはもう素晴らしい島なんだろう。わたしはハワイという地に大きな期待を抱いていた。

 

人々はみな幸せそうに暮らしていて、親切で優しい。空気は澄んでいて、そこかしこに自然が広がっている。ビーチでは地元のロコたちがサーフィンを楽しんだり砂浜で寝そべるなどして思い思いに過ごしている。木陰でのんびり昼寝をする人たちのほほえましい姿。笑顔でいきいきと働く人たち。

まさにハッピーアイランドといった理想を持ってハワイへと向かったわたしは、ホノルルに到着した瞬間、そのギャップに愕然とした。

 

NYの5番街を思わせるような高級ブランド店が軒を連ねた通り。巨大なショッピングモール。ひっきりなしに車やバスが通り、歩道は人で溢れている。ワイキキビーチは大勢の人で埋め尽くされ、その美しさも半減して見える。地元のロコたちの姿はなく、9割が観光客。日本人も多い。頭に描いていたハワイとかけ離れたその姿に落胆した。

 

20150305_karakauai_001

 

 

日本から必要最低限の荷物しか持ち込まなかったので、到着後すぐに必要なものを調達するつもりでハワイ最大級のショッピングモールであるアラモアナショッピングセンターへと向かった。

 

20150305_aramoanacenter_001

 

土地勘を得たかったのと、ハワイの様子を知りたくてワイキキビーチから歩いて向かうことにした。その間にもひしめく高層ビル群にわたしは圧倒されていた。

考えてみれば、観光地なのだからホテルやモールが立ち並ぶのは当然のことだ。わたしが自然豊かなハッピーアイランドを想像して勝手に落胆しているだけだ。わかっているけれど気持ちが萎えていくのを止められなかった。

 

 

アラモアナショッピングセンターで目当てのものを買い込むことに成功しても、気分は晴れなかった。おいしいご飯で気分をまぎらわそうと友人おすすめのレストランへ向かった。そこでもハワイの洗礼(?)を受けた。

 

席に通されて待つと、店員が注文を聞きに来た。わたしが口頭で2品注文すると、店員が反復したのが1品だけだった。伝わっていないのかもしれないと思い念押しのつもりで写真を指差しながら注文をすると、店員は「わかってるよ」というように目を広げて驚いたようないらついたような顔をした。

次に飲み物を聞かれたときもまったく同じ状況になった。注文を取り終えると店員はメニューを取り上げて、「やれやれ」という表情でどこかへ行ってしまった。

気の小さなわたしはその店員の態度に萎縮してしまった。それと同時にわたしは混乱していた。ハワイではみな幸せそうな顔をして働いているんじゃなかったのか?ハワイはそこかしこに笑顔であふれているんじゃなかったのか?

わたしが描いたハワイはどこへいったのか?

 

誰もが最高だったと口にするハワイ。しかし初日に先制パンチをくらい、複雑な気持ちでホテルへ戻った。その日はなかなか寝付けなかった。

 

続く。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ